台風が接近しているとき、すべきこと

台風が接近しているとき、どんなことに気をつければよいか一緒に確認していきましょう。

ハザードマップと避難場所の確認を!

土砂災害・洪水・浸水・高潮といった台風被害のうち、あなたがいる場所はどの災害のリスクが高いでしょうか?ハザードマップなどを見ながら身の回りの災害の危険性を改めて確認しましょう。

 

PREPでは、プラン画面の「大雨のアクションを登録/確認する」から自治体のハザードマップを確認して、避難場所を設定することができます。(※一部対応していない地域については、お住まいの市区町村のホームページをご確認ください。)


避難場所(指定緊急避難場所)は国土地理院の「地理院地図」やお住まいの市区町村のホームページから確認できます。避難場所をあらかじめ確認することで実際に避難が必要になった際にスムーズに避難ができます。

自治体など公的機関の情報を確認する

自治体から避難勧告・避難指示(緊急)が発表されるなど、あなたのいる場所にとってリスクの高い災害の危険度が高まったら、迷わず避難を開始しましょう。早めに避難を開始することで落ち着いて行動できます。また、公的機関や信頼できるソースから正確な情報を収集することを心がけましょう。

無理に外出せず安全を確保する

雨や風が強くなってから屋外に出るのはNGです。避難場所に行くのが危険な場合は、なるべく安全な場所に留まって、台風が過ぎ去るのを待ちましょう。

避難場所に行くことだけが避難ではありません。「難を避ける」ことを念頭に、安全に身を守る方法を考えておきましょう。