​地震に備える!

地震が発生してもあわてないようにするには?

地震が発生したときの安全を確保するための行動を覚えておきましょう。地震が起きたときの行動は「まず低く、頭を守り、動かない」の三つの行動です。

地震によるケガのほとんどの理由はゆれそのものではなく、ゆれによって家具等が倒れてきたりすることによって引き起こされます。

 

地震発生時に身を守るために「まず低く、頭を守り、動かない」を意識しましょう。

​実際にソナエしてみよう!!

地震に備えるためには日頃からの防災意識の向上が必要です。

この機会に地域の防災訓練に参加してみましょう。

「まず低く、頭を守り、動かない」の三つの行動は『シェイクアウト訓練』で実際に参加し確認することができます。ぜひ参加してみてください。

そのほか自宅の備蓄物資は十分か、避難所はどこなのかも加えて確認しましょう。

備蓄物資に関してはPREPのプラン内「自宅の防災用品リスト」で備蓄の取りまとめ、確認が行えます。

出典

・首相官邸 『地震では、どのような災害が起こるのか』

 http://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/jishin.html

・The Great Japan ShakeOut

 https://www.shakeout.jp/